設備投資に見合った節約を!

一部装飾目的の照明器具をなど除き、LEDをはじめ太陽光パネルや蓄電池などの省エネ商材は、回収率こそが最も重要視すべき指数になります。ただしこの省エネ商材、ただ安く導入すれば回収率が良いとも言い切れません。とくにこの手の環境を謳った商材は「安物買いの銭失い」の傾向が顕著で、 ~ネットで安く導入したのに、ほとんど節約になっていないばかりか早々と故障 ~ 保障も効かず(業者と連絡も取れず) ~ 短期間で2度買い替えが発生 ~ といった具合に、回収率を算出する気すら失せている、そんなお客様も時々みかけます。このページでは、事務所でよく使われている蛍光灯をLEDに交換する場合を例に「下手に高すぎず安すぎない、賢い選び方」を説明します。

LED蛍光灯(直管40Wタイプ)の場合

蛍光灯をLEDに交換するには4つの方法があります。

① 工事不要の電源内蔵ランプに交換
② 工事不要の電源内蔵ランプに交換・バイパス工事有
③ 電源別付ランプに交換・工事有
④ 器具ごと全部交換・工事有

一番安く手っ取り早いのが①ですが、どの電気工事業者さんもおススメしていません。蛍光灯の器具の中には必ず「安定器」が装着されています。「工事せずにLEDにする」ということは、そのLED用とは関係ない安定器のために電気を消費することになるので、LED販売業者が謳うほど消費電力の削減にはなりません。加えて安定器のほうが早く寿命を迎え、その時にはLEDランプが正常でも明かりが点かなくなったり、はたまたLEDランプ自体の故障にも繋がりかねません。それこそ目先の回収率に目がくらみ、一番損する可能性が高い方法です。

①のランプはネット通販で超お安く販売していますが、なにも安いからと言って粗悪かといったら、最近はそうでもありません(昔は粗悪なのも多かった)。販売業者さんも「工事不要」と謳ってはいながらも、「出来れば安定器を外して(バイパス工事)設置して下さい」と、但書きが必ずあります。その通りに「工事不要」のランプを「工事」して設置すれば、安くても品質的になんの心配もありません。これが②の方法になります。

③④の方法は基本、節約とか最低限の品質以上の付加価値を求めるお客様向けです。ごくまれにランプの設置箇所が高温なので電源装置をランプから離れた所におくニーズがある場合などは③にする必要がありますが、ほとんどの場合は②の方法で照明としての条件は満たせます。なので、「③うちのLED蛍光灯は電源とランプがセパレートなんだ」というこだわり品質や「④器具から全部新しくなって気持ち良い」というスッキリ感といった、最低限の品質以上の付加価値と導入コストを照らし合わせた上で、選択すると良いでしょう。

まとめ(当社判断基準)
LED蛍光灯交換方法 初期投資 節約度 工事 安心感 回収率
① 工事不要ランプ ◎ 安い  △  無  ×  △
② 工事不要ランプ・バイパス工事 ○ ちょい割安  ◎  有  ○  ◎
③ 電源別付ランプ △ ちょい割高  ○  有  ◎  ○
④ 器具ごと全部交換 × 割高  ○  有  ◎  ○

お気軽にご相談ください

LED以外の環境商材でもいくつかの選択肢があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。それらを踏まえて導入すれば大損することはありません。快適かつ経済的なエネルギー自給自足ライフ実現のために、的確な情報提供とご提案をさせていただきます。