当社は新電力会社ではありません。
新電力会社とお客様を繋げるお仕事をしています。

当社が新電力会社を選ぶ3つのポイント

① 電気代の削減が確実

② 手続が簡単にできる

③ 諸々の手数料が0円

シンプルイズベスト!お客様がご自身で調べて新電力会社を選ぶ時も同様です。メリットに直結する上記3項目以外考えないほうが良いでしょう。(忖度を要する場合はこの限りではありません)

再エネ発電と環境問題をごっちゃにするな!

環境への配慮を指摘する声もあります。しかしながら新電力会社を選ぶ際には、いったんそれを忘れましょう。

環境問題への取り組みとして挙げられる「CO2削減」や「再生可能エネルギー普及」などがヨーロッパ側の利権拡大・維持に端を発していることや、そもそも地球温暖化について公表されている科学的データ自体も信憑性がまるでないという主張など、ともすれば環境問題そのものの存在価値が根底から崩れてしまってもおかしくないような要素も実際にあるわけですから。

メリットとは無関係な項目を検討材料として重視しすぎると、それこそ頓珍漢な主義主張合戦に陥ってしまいかねません。

メリットとして捉える再エネ電源

とはいえ当社としても、新電力会社(電力の卸・媒介の取引先)を選定する際には「再エネ普及への取り組み」が検討材料のひとつとしてあります。ただし、そのことを環境問題とは混同せず、再エネ普及が純粋にエンドユーザーに及ぼすメリットとして考えた上で提携を結ぶようにしています。

市場に左右されにくい経営体制

2020年12月~2021年1月にかけ、電力卸売価格が急騰しました。電力仕入の殆どを卸売市場(JPEX)に依存していた新電力会社の多くが、下手すれば事業撤退寸前の大打撃を受けているという報道もありました。価格高騰の要因としては、日本の発電源の多くが海外の燃料資源に依存していることや、それゆえに電力の市場価格が燃料価格の変動や世界情勢に過敏に反応しやすいことなどが挙げられます。

それたいし、電力仕入先の多様化・自社の再エネ電源確保にずっと以前から取り組み、このような状況下でも損失を最低限に抑えることができている新電力会社があることも事実です。

再エネ発電源の普及を進めることは、市場価格に左右されない電源を確保し、さらにはそのようなリスクヘッジの取り組みが、顧客にたいし安くて安定した電力供給を続けていくことにもつながるのです。

まとめ

顧客メリットと再エネ普及が両立を目指す新電力会社を応援しよう!

 

新電力会社のご紹介

【Looopでんき】

Looopでんきは、低圧契約においては他社追随をゆるさないほどの圧倒的な削減が期待できます。が、それ以上に着目すべきは、再生可能エネルギーの普及率を向上するために、2016年電力完全自由化のもっと以前から、蓄電池などの一般的には高価格な省エネ商材を、低価格で提供する仕組みづくりに、徹底して取り組んでいる点です。オール電化の夜間割契約や営業時間の長い店舗の動力契約など、削減に適さない場合もありますが、通常の電灯や動力の契約をしているなら一度は試算してみる価値ありです。

【シン・エナジー】

高圧契約の削減率なら、数ある新電力会社の中でもシン・エナジーが1位2位といっても過言ではありません。そしてこの会社、毎年売上が右肩上がりなのに利益をほとんど伸ばしていません。というのも電力売上による利益を、惜しみもなく再生可能エネルギー発電設備拡充のために投資をし続けているのです。まさに弊社方針にドストライクなPPSです。

 

おまけ

安定した大手のほうが安心では?

「大手が安心」の根拠について考えてみましょう。

たしかに

「潰れない大きな会社を選んだほうが安心だし得策ではないか?」

という意見をいただくこともあります。

もし契約した電力会社が潰れるようなことがあったら、その時は

「さっさと別の電力会社を選んで契約しましょう!」

それだけのことです。

大手の信用と安定供給は無関係

契約している電力会社が潰れても(地域の送配電会社が潰れない限り)電気は止まりません。メリット①~③をもとに電力会社を選びなおして契約すれば良いだけで、(よほどの面倒臭がりでもないかぎり)普通にできることです。商品の性質からして安定志向になる気持ちも分からなくはないですが、デメリットにすらなり得ない将来の僅かな可能性に対しあたかも大きなデメリットが絶対に起こるかのうような「勘違い」に基づく大手偏重思考を、わざわざ電力会社の選考基準に取り入れる必要はありません(大手でもメリットがあれば別ですが)。