電気代見直し

料金を見直す前に – 現状を知らないという現状

2016年4月から、すべての電力契約が自由化になり、お客自身が自由に電力会社を選べるようになりました。

電力自由化にともない「電気料金がやすくなります!」という電話勧誘や頻繁にかかってくるようになり、 「貴社に適した電力会社を無料試算します」というホームページもよく見かけるようになりました。

とはいえ、もともとの地域電力会社(例:石川県は北陸電力、大阪は関西電力とか)から、なにがどう変わって 料金がどうなるのかが分からないまま、検討すらしていないというお客さまも数多くいらっしゃいます。

「電気料金が安くなる」のは、どうやら間違いなさそうなのに、なぜ手続きを渋ってしまうのでしょうか?

理由はいたってシンプルです。

今の現状すらわかっていなくて、比較検討のしようがない

からです。

当社では、お客様の今のご利用状況(使い勝手)を2~3ヒアリングさせていただきながら、

「どういうプランで契約していて」

「基本料金の設定がどうなっていて」

「1kWhごとの料金単価がいくらで」

「どのような割引プランに入っていて」

といった内容を、まずはお客様ご自身が理解していただくための労力に 時間を割きます。

その上でお客様のところで有利になる新電力のプランをいくつか選び出し、ご提案させていただき、

「分からないまま、高い料金設定のまま、ほうったらかし」

から

「ちゃんと分かって安い設定に直す」

さらに

「手続きして安くなった状況もしっかり把握していただく」

まで、一貫してフォローします。