北陸の新電力事情

2016年4月、すべての電力契約が自由化に

会社やお店を経営していると
「電気料金をお安くします!」
という電話が頻繁にかかってきます。

電気などまるで分かっちゃいないのに
「電力自由化で利権が取れる事業だ!」
などという、いかにも胡散臭そうな
マルチ商法の勧誘員も見かけます。

電気料金、、面倒、しくみが分からん

新電力をどうこう言う以前に
まずあなたのお家や会社で使っている
電力会社の契約がどうなっているのか、
そのしくみについて
調べてみてください。

今契約している電力会社のHPを見れば、

「この契約は何がどうなっていて、、
 だから毎月の料金がこうなる」

という計算式・基本料・単価が
ふつうは書いてあります。

HPで料金設定が確認できれば
あとは毎月の電気代の明細書(検針票)と
照らし合わせれば良いだけです。

項目ごとに電卓をたたいて合計すれば
検針票の請求金額とピッタリ一致します。

その上で他の新電力会社のHPを開き
単価設定を確認してみると、

「うちはこういう料金設定だが、
 〇〇という新電力に切り換えると
 ココとココの料金がこうなって、
 トータルでこのくらい安くなる♪」

という事実を
ちゃんと認識できるようになります。

ためしに「Looop(例)」の料金表を使って
試算してみましょう!

「Looopでんき」試算用ページ

「WEBや検針票を見てもチンプンカンプン、、、」
という方は、
お気軽にお問合せください。

次の記事

クレーム対応スキル